さらばツスクル

 「ドラゴンクエストX」の冒険日記はこの後すぐ。見てくだ西城秀樹!!(バナナマン日村)

 ツスクルの連続クエストの最終回が配信されたので、サポートメンバーを引き連れて軽い気持ちでボスに挑んだ。

 メンバーは盗賊二人と僧侶、そして魔法使いのぼく。家族全員が見守る中、オレンジの半魚人が襲いかかってきた。やっちゃうぜー。

 あっさりやられたぜー(笑)。久しぶりの秒殺。ありがとうございました(なぜお礼)。

 見知らぬプクリポが辻ザオしてくれたおかげで、とりあえずぼくだけ復活。お礼の言葉と誉め殺しの言葉を浴びせ、ルーラストーンで帰宅し静養した。

 次なるパーティーはバラディン、魔法使い、僧侶、そして僧侶のぼく。ダブル僧侶で行くもんね。もう家族の前で負けられないもんね。

 オレンジ色の憎いやつの猛攻に耐えながら、天使の守りとスクルトを連発。敵はアサシンアタックという一撃必殺の特技を持ってて、ずーるいんだー。いーけないんだー。

 自分を含め何度も仲間が命を落とし、どうにか体制を立て直している間にも敵の容赦ない攻撃を受け、それを見守る子供たちも徐々に興味を失う中(切ない)、ついにミスター・オレンジを倒した!!

 討伐に11分以上もかかったのは、ぼくの戦略ミスですか?(笑)

 というわけで、時間はかかったけど、ツスクルの連続クエストはこれにて終了。おつかれちゃんでした。
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 19:04 | comments(4) | - | - |

堕落絵(ダラクエ)

 聞いて驚け「ドラゴンクエストX」の冒険日記です。

 週末にぼくが「ドラゴンクエストX」をプレイしている横で、長男※王子(10歳)が3DSで「ドラゴンクエストIX」をしていて。

 宝の地図に挑んでいた※王子はゴールデンスライムなんかと戦いながら「経験値が4000だったよ」「20000ゴールド手に入れたよ」と嬉しそうに報告してくる。

 そのとなりで父親は、たった400の経験値のために命を懸け、たった2000ゴールドを稼ぐために世界中を走り回っている。

 何なん、この格差。

 文句ついでに「ドラゴンクエストX」のシナリオはクオリティが低すぎ。誰が話を書いて、誰がゴーサインを出してるわけ?

 なんてことを言いながらも、発売開始から今までひたすらプレイし続けているんだから、自分がいちばん意味ふーなんだけど。

 春のスライムイベントも、スライムタワー装備三点セットを手に入れたところで燃え尽きてしまい、そのままイベントそのものが終了してしまった。

 テンションだだ下がりじゃないっすか!!

 でもツスクルの連続クエストはがんばるぞ(笑)。(がんばるんか)
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 09:47 | comments(11) | - | - |

混浴命

 全員、勇者。「ドラゴンクエストX」の冒険日記です。アウトレイジ風。

 しばらく更新していなかった間に、桜の季節の期間限定イベントをそこそこ進め、ツスクルの連続クエストをまあまあ終わらせ、その他の冒険もちょろちょろやっている。って、すべて中途半端じゃん!!

 限定イベのおかげで最近ほとんど見向きもしなかったスライムたちをぶっ殺しまくり、これぞまさしくぶっ行き返しまくり!なんて思ったりして。ホルモン!!

 ツスクルの風呂掃除クエストが終わり銭湯に入れるようになったけど、銭湯つまんなーい。浴槽なんか一個しかないし、サウナとか炭酸風呂とか皆無だし。

 「風頼のシレン」の武器屋みたいに、男キャラが女湯に入ったとたん、ネクロバルサよりも強い番台おやじが襲いかかってくる、なんてギミックはどうだろ。運が良ければ女風呂に入れて生還できるけど、生き残れる確率はめちゃめちゃ低いの。

 ま、そこまでして女湯に入らなくてもいいか(笑)。

 でもまたまたドラクエ熱が下がり中かも。どれもこれも作業感であふれかえっていて、いまいち楽しめてない自分がいて。

 それより映画見たいよ!とか、それより恋したいよ!とか、そんな気分。だってもう春だもんね。って、特に意味なし。
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 09:49 | comments(6) | - | - |

だよねー

 取り急ぎ「ドラゴンクエストX」冒険日記の番外編です。ネタバレ注意なのでシクヨロです。

 前回○○○○○○ことスライムベスでゲームを終わらせた状態で公式サイト「目覚めし冒険者の広場」にアクセスしたら、自分のページがこんなことに!

ゆたスラ♪

 よく考えりゃそうなんだけど、ちょっと予想の範囲外だったのでワロタ。
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 10:30 | comments(8) | - | - |

秘密の花園

 誰も知らない秘密の「ドラゴンクエストX」冒険日記です。聖子ちゃーんっ。

 長男※王子(10歳)は今まで父親であるぼくのプレイを横から見ているだけだった。たまにぼくに代わって戦ったりすることもあったけど、基本はあくまでも“オーディエンス”扱い。

 そんな※王子が、自分もドラクエXをやりたい、と言い出した。ぼくも、サブキャラを作る良いチャンスと思い、快く許可することにした。広い心で。優しい気持ちで。

 さっそくキャラクターを作ったところで、ひとつの選択肢が現れた。このままゲームを始めるか、それとも最初のくだりをすっ飛ばして途中から始めるか。

 もちろん最初からやるでしよ、と迷わず後者を選んだのだか、これが失敗だった。※王子はなかなか戦いが始まらない最初の展開がつまらないご様子。どんだけゆとりだよ!

 結局セーブすることなく終わらせてしまい、話が1ミリも進まないままゲーム終了(笑)。やる気ゼロか!

 もう一回、最初から始めて人間のエピソードに突入したのに、時間がなくなって結局セーブせずに今回もおしまい。ドラクエ嫌い?(笑)

 三回目で「やっぱり最初は飛ばそう」ということになり、ようやく新キャラクターが生まれた。

 今度はプクリポだよ!!

 だけど案の定まったくプレイする時間がなくて、レベル4とか6あたりで足踏み状態。せっかくできた初めてのフレンドも、久しぶりにログインしたらリストから消えてるし。(とほほ)

 そういうぼくも最近ほとんどプレイできていない上、クエスト「世告げ姫シリーズ」のあまりのつまらなさにモチベーションが下がりまくり。1ミリも面白くないんですけど!!

 そうこうしている間に期間限定の花見クエストが始まり、昨夜ちょっとだけやってみたら、これがめちゃめちゃ楽しくて。「ドラクエV」だ、わーいわーい。

 でも昨日もあっさり時間切れ(=子供を寝かす時間)になってしまい、○○○○○○レベル4とかで終わっちゃった。早く続きがやりてーよー。
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 09:32 | comments(0) | - | - |

掌の冒険

 あなた恋しい「ドラゴンクエストX」の冒険日記です。

 またもやまとまった冒険ができない日々。最近ほとんど1日30分だもの。子供と風呂から上がって寝るまでの30分のみ。

 30分って、びつくりするほど何もできないんだよね。だって「ドラクエX」なんて、ほとんど徒歩での移動だけで時間がなくなっちゃうんだもん。

 1日ひとつクエストが終われば良い感じ。あるいはまほきゅーに行ってふくびきして終わりとか。庭いじりとかバザーも、できたりできなかったり。

 庭いじりは何をどうすれば良いか、しばらく分からなくて困ったねー。迷ったねー。

 家具屋で庭用のプランターを買って庭に置いたものの、それには種をまくことができないみたいで。ナンダヨー。

 ようやく種屋ってのを見つけて畑と種を購入し、さっそく畑を設置して種をまいてみた。肥料としてうしのふんをやったりして、芽が出たところで水やりして。

 ところが次の日に畑を見たら、ひとつの芽だけは順調に育っていたものの、それ以外の芽は全部枯れそうで。何でやー。

 畑は3×3マスで構成されていて、真ん中のマスには案山子(かかし)が突っ立っている。肥料をやるときは案山子を選択してひとつだけアイテムを使えば良いのだが、水やりはすべてのマスに行わなければいけないらしい。

 ムダ。ザ・ムダ。グレート・ムダ!!

 全てのマスに水やりするようになって、それからは順調に育っているから良かったけど。

 そういえば、見知らぬご近所さんが水やりしてくれていたので、ぼくもお礼に水やりしておいた。ビバ近所付き合い♪

 唐突に話が変わるけど、そして前にもちょっと書いたことがあるんだけど、連続クエストの次回予告ってのがあるじゃん。うちの子供たちはそのときのBGMが怖いらしい。予告が始まると、わーわー言いながら耳をふさいでしまうのだ。そんなに?

 もっとすごいのが、ぼくがその音楽を口ずさむだけで大騒ぎになっちゃう。そんなに!?

 面白いから、たまに口ずさんだりしてるんだけど(笑)。
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 18:09 | comments(6) | - | - |

いちきゅー

 部屋とワイシャツと「ドラゴンクエストX」の冒険日記です。

 パンサークローみたいな名前のモンスターを20匹以上やっつけまくり、ようやく目的のアイテムを取ったどー。ということで、レベル60→65解放クエストが無事に終了♪

 ずいぶん前からフレンドと「全員レベル1で魔法の迷宮(略してまほきゅー)へ行こう」と言っていて、でも時間が合わずなかなか実現しなかったんだけど、昨夜突然、時は来た。(橋本)

 ぼくとM♪が賢者レベル1、それにレベル十代前半の賢者MりんとバトマスDさん。しかもぼくとM♪は全裸(笑)というパーティーで、まほきゅーへ行くことになった。やった。

 まほきゅーは最低レベルが20らしく、誰一人レベルが足りていない状況での挑戦。でも、レベルじゃないんすよ。ハートなんすよ。

 ただ、ぼくもM♪もレベル1とはいえ、パッシヴもりもりなので基礎体力が尋常でない。ぼくなんか裸に両手杖を装備していたので、レベル1のくせにMPが150とかあって、Dさんに「○○○○じみてる」なんて誉められちゃった。あれ、誉め言葉だよね?(確認)

 ただMPが多いわりに、使える呪文がホイミくらいなので、あまり実戦向きではないんだけどね。

 ちっとも危なげなく最終階まで到達。各フロアでレベルが上がりまくり、ぼくはリレミトを覚えた! 意味ねーっ!!

 ボスは黒麒麟みたいなやつ。覚えたばかりのドルマ(だつけ)か何かを唱えつつ、あっという間に勝っちゃった。てへ。でへ。

 結論。レベルじゃないんすよ。気持ちなんすよ。(2回目)

 で、実はまだバトマスがレベル1なんだけど…。(最後まで言え)
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 09:40 | comments(6) | - | - |

ワナの部屋

 有無を言わさず「ドラゴンクエストX」の冒険日記です。

 大型バージョンアップが実施され、やることとやれることが大量に増えてしまい、嬉しいやらそうでもないやら(そうでもないんか)。

 何がびっくりしたって、ラッカランの宿屋にいる案内人が店の隅ではなくカウンターの中にいるではないか(そこか)。まさに大型バージョンアップ(どこが)。

 新たに追加された職業である賢者に転職するためのクエストを受けるべく、M♪にルーラストーンを借りてドルワームへ。地図を確認したところ、クエストを発注したがっている人が紫色で示されていたので、そこへ駆け込んで話をした。

 その人は夫婦茶碗を割っちゃって大変困っているらしい。茶碗を直すためのアイテムを取ってきてほしいと言うので、二つ返事でクエストを受注。

 賢者になるためのクエストなのに、ずいぶんへんてこな内容だなと思いながら、目的のモンスターを倒し目的のアイテムをあっさりゲット。

 クエストを依頼してきたおじさんはめちゃめちゃ喜んでたけど、報酬は経験値がもらえる本と名声値のみ。あれ、賢者は?

 うわー。これって賢者とはちっとも無関係の、ただのお使いクエストじゃん!!(気づくのおせーよ)

 そんな重要なクエストはこんな街中ではなく、お城で受けるに決まってる。ということでお城に突入し、改めて賢者になるためのクエストを受注。メトロゴーストを20匹やっつけるという、何のひねりも面白味もない内容だ。

 しゅーりょー。賢者に転職できるようになったー。

 続いてラッカランで、バトルマスターに転職するためのクエストを受注。武器も盾も装備せず、なおかつ命中率を下げる腕輪を装備して、デッドペッカーを3匹やっつけるという、これまた何の創意工夫も見られない無益な内容。しかもこれがストレスたまりまくり。つまんねー。

 といいつつ、しゅーりょー。バトルマスターに転職できるようになったー。

 さらにさらに、レベルの上限を現在の60から65に上げるためのクエスト。ツスクルで受注できるというので、これまたM♪に石を借りて(いつもすんません)ルーラし、クエストを受けさせたがっているおじさんを発見した。

 話をすると、近くの橋に現れるお化けの写真を撮ってきてほしい、というではないか。

 また人違いかーっ。

 とりあえずクエストは受けたけど(受けたんか)、レベルの上限解放クエはどこの誰から受けられるのさ。

 さんざん平野だか平原だかをうろうろして、ようやくクエストの依頼者(勝手にクエスターと命名)に会うことができた。パンサークローみたいな名前(キューティー・ハニーか)のモンスターがたまに落とすアイテムを持ってこいってさ。

 変態裸ムチ男が群れをなすベコン渓谷へ行き、パンサークローみたいなやつと戦ったけど、あいつ、なかなか強いね。結局アイテムを手に入れる前に時間切れとなってしまった。

 何か、バージョンアップしてからトラップが増えてない?(自分のせい)
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 19:47 | comments(2) | - | - |

自分にイイネ!

 頭のてっぺんからつま先まで「ドラゴンクエストX」の冒険日記です。

 フレンドM♪の手伝いでルベカちゃんの第五話、波怨竜の討伐に出かけた。ぼくを手伝ってくれたMりんも一緒だ。

 でーっかい黒パンツのトロルに何度もからまれながら(笑)、ようやく洞窟入口に到着。そこにいた見知らぬパーティーとエールの交換をしながら作戦会議。そして突入。

 今回は僧侶が一人だけ、しかもサポートメンバーだったけど、抜群の安定感で楽勝。いえっふー。

 そのあとも一緒に冒険したかったけど、子供を寝かす時間だったのでログアウト。子供が寝たら再開&再会しようと思ってたのに、またまたまんまと寝てしまい。

 早朝にログインして魔法の迷宮を攻め、手に入れたチケットでふくびきしたら、またもや4等が当たっちゃった。

 キングスライムのポーンをゲッツ!!

 だけど今回も早朝だったので、喜びを分かち合える人もおらず、ひとり寂しく万歳三唱しておきました…。

 なんてこと言ってる間に、明日は大型バージョンアップの日じゃないすか。賢者賢者♪
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 18:54 | comments(6) | - | - |

ツノの勇者はキョウリュウピンク

 メンチカツには「ドラゴンクエストX」の冒険日記です。

 昨日に引き続き、変態裸ムチ男ことネクロバルサの討伐作戦を展開。サポートメンバー略してサポメンを昨日から一新(単に契約期限が切れただけ)し、新たに魔法使いレベル60と僧侶58と僧侶56を雇い入れた。ぼくは魔法使い54。レベルはそれなりだが、ほとんど全員HPが300前後。

 行きまっせー。

 今回も戦闘そのものは順調。マホトーンもヘナトスも良い感じ。必殺技も連続で出たりして、風はぼくの方に吹いてきてるよ!!

 そして三回目の戦闘で、無事に邪鬼のツノをゲッツ。そうそう、これこれ、これが欲しかったんだよね(忘れてたくせに)。

 みんな大丈夫。変態裸ムチ男はサポメンだけで行けるから。

 ツノを手に入れたら、近くにある小屋に持ち込むんだけど、その小屋の周りってのがチョー強くてチョー極悪なモンスターの吹き溜まりみたいなところで。下手したらネクロバルサには勝って、小屋の周りのモンスターで死んじゃう、みたいなことがあるかも。

 小屋でじいさんにツノを渡し、はんこをもらったらそのままグレン城へ。訓練所の教官に報告してクエストクリア。おつかれさまでした!!

 これで安心して大型バージョンアップを迎えられるね。

 次は何をしようかな。他の職業がだいたいレベル40になっているので、職業ごとの連続クエストでも受けようかな。
posted by: ※へんにー | ドラクエX日記 | 10:03 | comments(8) | - | - |